読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ノ出前検車区

趣味は朝活で。最近は備忘録と化しています

【番外編】繁華街の某カラオケに宿泊してみた【青春18きっぷの旅?】

旅行

・はじめに

この記事では、私的な用事の都合でカラオケに宿泊する羽目になってしまったときの体験談を扱っています。

サンプル数が1な状況で結論を出すのは如何なものかと考えもしましたが、今の段階の個人的な結論を言うとカラオケ泊はやめとけとなります。

これは当たり前ですが、カラオケは宿泊施設ではありません。

「(本来は宿泊する場所でない所に)泊まってみた」系の記事となるうえに、結論が上記の通りとなる以上、マイナスなことを書く羽目になるのですが、これは別に私が行ったカラオケが悪いわけではありません。

評判を傷つけてしまうのは不本意なので、今回は店名もエリアも伏せます。




青春18きっぷ旅行の際、都市部で一泊するときの選択肢としてカラオケが挙がってくる可能性もあるので、タイトルには一応そのように書いておきました。



・お値段


繁華街のカラオケ店の場合、下にキャッチがいます。一緒にいた友人がその道のプロ(?)だったため、「キャッチをキャッチして値引き交渉」という技を繰り出しました。
交渉術はよく覚えていませんが、なんやかんやでソフトドリンク飲み放題付きで6時間2000円になりました。一泊のお値段としてはそこそこ…


どうでもいいのですが、気がついたらドリンクは一滴も飲まないまま時間が来てしまっていました。フリーソフト要らなかったやんけ。




寝具

寝具と言ってはいけません。要するに、「イスに寝そべることができるか」という話です。

私が行ったところでは無理でした。コの字形の座席だったのですが、1辺の長さが足りない。おまけに、コーナー部には謎の動かせないブロックが配置してあって、各辺の有効長が余計に短くなっていました。本来の用途で使う際はドリンクや選曲用の端末など、小物を置く台として重宝するのでしょう。

f:id:hinodemaeinspection:20170228234817p:plain:w300
仕方がないので、図のように体を配置して寝ました。橋か。
今思えば、ブロックの上に足を乗せればよかったのかも知れません。


2人で行ってこのような部屋に案内されたので、結構な人数で行かないと十分な寝具は与えられないでしょう。←いやだからカラオケは宿泊施設ではありませんってば




・音


カラオケの個室はそれぞれが防音ルームになっているそうです。…が、物事には限度というものがあってですね、


どこか近隣の部屋で、遊助の『ひまわり』とか大塚愛の『さくらんぼ』を、
それはそれはひどいデスボイスで歌っているどう考えても酔っ払いの団体がいてですね、


ホントにもうジャイアンみたいでした。あれ歌ってるって言わない。
ボエ~~~~~ホゲー~ーー~の世界。でも悪いのはこっちです
カラオケは宿泊施設ではありませんからね。





・光


雰囲気作りのために暗めに設定されていますが、それでも仰向けで横になると眩しいもの。当たり前ですが消灯はできません。音の聞こえにくい個室、いい雰囲気になった2人は…といった事態はカラオケ側としても避けたいもの。仕方がありません。カラオケは宿泊施設ではありませんからね。





・カラオケの機械


私が行ったカラオケの個室で一番厄介なのがカラオケの機械でした。まずモニターが複数ありました。画面の明るさもそこそこ。それに、デモムービーのようなものが延々と流れ続けていました。当然サウンド付き。モニターのスイッチを探しましたが、どうやら消せるものではないようです。消音の機能もありませんでした。

チカチカする画面とよく分からないサウンド。一晩中エンドレスで流れ続けていました。



天井のライトと合わせて結果的にどうしたかと言うと、持っていたコートを顔にかけて遮光しました。暗くなるとハッキリ伝わってくる、近くの部屋からの重低音。

何度でも書きますがカラオケは宿泊施設ではありません。





・まとめ

カラオケは宿泊施設ではありません。






24時間営業のファミレスに入って夜を明かす「ファミレス泊」や、24時間営業の牛丼屋のカウンターで仮眠を取る「牛丼泊」も聞いたことがありますが、さすがに都市伝説だと信じたいものです。

Bトレで大船工場の101系入換動車を作る

Bトレインショーティー JR東日本 日本国有鉄道 改造工作 100円ショップ モデリングの道具 モデリング技術 トレジャータウン KATO

f:id:hinodemaeinspection:20170201084117j:plain

シーサイドライナーヨコスカ」計画が頓挫してできた車輛です。知名度はかなり低いように思います。

f:id:hinodemaeinspection:20161023135830j:plain:w200
書籍の情報といえば、鉄道ピクトリアルNo.874(2013年4月)に情報が少しだけ文章で書かれている他は見かけたことがありません。
Yahoo!Googleの検索で画像が2枚、Twitter検索でさらに2枚見つかりましたが、かなり資料が少ない状態での制作となりました。

やほお&ごおgぇ検索は皆様にお任せするとして、ツイートの方はここに貼っておきます。ツイッターは検索ヒット条件が完全一致なので、過去のツイートを掘り返すのは大変なんですよね…



・塗装の前に

f:id:hinodemaeinspection:20161208142339j:plain:w200
101系の車体と前面を用意。片方はジャンパ栓受けなし、もう片方はありを選びます。前面の原型ライトを削り落とし、GMの101系の板キットについていたブタ鼻ライト(シールドビーム)を取り付け。

・車体の塗装

車体と前面をGMのNo.22「ブルーB」で塗装します。

余談ですがこの色、元々は「小田急の色」と案内されていたので小田急1000形のために購入した物ですが、そうです、今の小田急色ではなく、黄色と青の塗り分けの時代のものでした。だまされた。今回は国鉄車なので何かしらの国鉄色を使ったほうが良かったのでしょうが、手持ちになかったので代用しました。

まずは、実車の写真とにらめっこしながら側面デザインをデフォルメ。
f:id:hinodemaeinspection:20161016190111j:plain:w600
そのデザイン案に沿ってマスキングして、この時点で事業用車に見えたらあなたも私と同じ病気です
f:id:hinodemaeinspection:20161016190058j:plain:w600
妻板とともにGMNo.21「クリーム10号」で塗装。

さらっと書きましたが、この塗装なのでマスキングが大変に面倒です。

しかもGMの塗料は隠ぺい力が弱いらしく、厚吹きしないと下地の濃い色が消えてくれません。色合いもかなり白っぽく、あまり実感的ではありません。今回の車輌は退色したイメージがあるので良いのですが、通常の車輌ならばFARBEのクリーム10号を使った方が良いでしょう。記事の下部にそちらを使った制作記へのリンクを貼っておきます。


・車体の仕上げ

まずは旧型の車輌で大変な作業、Hゴムや押さえ金具の塗装から。
f:id:hinodemaeinspection:20161016190142j:plain:w200
以前、Bトレの大宮の103系訓練車を作ったときに紹介したポスカを使います。(下部にリンクあり)
f:id:hinodemaeinspection:20170203165913j:plain:w200
隠蔽力も強く、クリームと青の塗り分け線の部分でも下地の色の違いが分かりません。

ちなみにガンダムマーカーですが、インクの乾燥が遅いために余計なところへ流れてしまう可能性が高く、しかも隠蔽力も弱いので全くおすすめ出来ません。

f:id:hinodemaeinspection:20170203162254j:plain:w200f:id:hinodemaeinspection:20170203162257j:plain:w200
方向幕は透明な両面テープを使って裏から貼り付け。幕はBトレの101系の付属品を使用しました。実車に合わせ、「ズレ幕」も再現。
実車は「試運転」や「回送」など、変わることもあったようです。

f:id:hinodemaeinspection:20161221230355j:plain:w200
使った両面テープはヨドバシで買ったニチバンのTW-18SDですが、「裏紙(はく離紙)がないので簡単に貼れる」…
いや、透明度が大事になってくるこのような用途の場合、非常にやりづらいです。まだ使っていない部分ににゴミやホコリが付いたらアウトなわけで…



最後に、塗装保護用のクリアー塗装。仕上げのトップコート塗装の修正痕をごまかすくたびれたイメージを再現するためにつや消しを選択。

実は今回、「100円ショップのマスキングテープで模型にマスキング」の試験をしていました。事業用車だけに
不幸にもマスキングがうまくいかず、筆塗りによる修正の嵐となってしまいました。

あれですね、そもそも100円ショップのマステは「模様をきれいに出す」ために、まっすぐ貼れる素材になっています。模型の表面の凹凸に追従するための柔軟性が欠けているので、側灯やHゴムのモールドなどを拾ってくれないんですね…


ちなみに、つや消しクリアーは湿度の高い日に吹いてはいけません。
白っぽくなり、汚くなります。ただし、上手くやればくたびれて退色した塗装の表現には使えるかも…?

f:id:hinodemaeinspection:20170101235116j:plain:w300


・屋根のパイピング

架線のない場所まで車輌を押し込めるように、実車が「前パン」仕様に改造されていました。
資料が少ないので断定はできませんが、配管類はおそらく屋根の上を通して妻板から下におろしていたのでしょう。

このような屋根板はBトレの製品に見当たらなかったので、練習も兼ねて初めてのパイピングをしてみることに。

前パン車は、ランボードや避雷器を活かすために中間車のパンタ屋根板を使います。元の配管モールドは削り取っておきます。

当初の予定では、

プラ板から切り出した台座を貼り付け

φ0.2のドリルで台座と屋根板に穴開け

極細の針金を穴に通して輪っかを作る

輪っかに針金を通せば母線のできあがり。

…という計画だったのですが、台座は垂直平行が守られず、貼りつけてから穴を開けると台座が回転力に耐えられず剥がれてしまいました。

剥がれなくても台座に2つの穴を開けるのは難易度が高く、しかも穴あけ開始から少ししたらドリル(φ0.2)が折れてしまいました。1000円近い損失ナリ。


ここで、配管に有用な金属パーツがあるとの情報を得て、トレジャータウン製のTTP215-32「屋上配管止めバリエーション2」なるものを購入。
f:id:hinodemaeinspection:20170203164632j:plain:w200

f:id:hinodemaeinspection:20161124183225j:plain
こちらは、プラ台座の上にシンプルな輪っか状のもの。

f:id:hinodemaeinspection:20161124183215j:plain
台座が失われた箇所は、輪っかの下に台座(?)らしきものが付いたパーツを使用。これもまた高さが2種類あって、かなりマニアック。


これでイケるぞ……とか考えていたのですが、この配管止め、適合する針金はφ0.2mmのものです。母線なのでφ0.3を使おうと考えたのですが、穴に挿さりませんでした。パッケージを見ると、「φ0.4mm程度の配管には別売り215-04や215-31をどうぞ」とあります。母線に使うならそちらのほうが良さそうです。



空気作用管は細い配管が横に2本並ぶので、今度こそ「~バリエーション2」を使ってやろうと考えたのですが、どうやら全ての配管をこの配管止めで固定するのはおかしいようです。開ける穴は一つで済ませたかったので、
f:id:hinodemaeinspection:20170101001610j:plain:w500
某氏に教わった「源氏パイ」で固定。これなら大きめの穴が一つで済みます。

もう少し分かりやすい写真を…
f:id:hinodemaeinspection:20170101001602j:plain:w500
こういうことです。ビジュアル的には絵に描いた芽かな?

f:id:hinodemaeinspection:20170101001552j:plain:w500
これを繰り返します。

固定用の輪っかが用意できたら、まずは空気作用管のほうに…
f:id:hinodemaeinspection:20170101213630j:plain:w500f:id:hinodemaeinspection:20170101213554j:plain:w500
φ0.2mmの真鍮線を2本用意して挿します。実車をイメージしてパンタグラフの下は曲げてみました。

母線のφ0.3mmも付け終わると、
f:id:hinodemaeinspection:20170101213615j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20170101213730j:plain
こんな感じになりました。

f:id:hinodemaeinspection:20170101213658j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20170101213714j:plain
上下方向はデコボコ、左右も歪みがありますが、初めてだしまあ多少はね?

パイプをしっかりと固定したら、妻板に下りる部分はは適当に曲げて屋根だけで完結させます。

なお、このままだと妻板の配管モールドとは合いませんが、
f:id:hinodemaeinspection:20170101224129j:plain
実物の101系と103系は空気作用管と母線の左右が逆でした。一方Bトレの妻板は、
f:id:hinodemaeinspection:20161218225648j:plain
左右の話をするならば103系タイプとなります。Bトレでは101系も103系も屋根板と妻板の部品が共通なので、意図的に左右逆にパイピングしてみました。妻板と合わないのはこのためです。

しかし、合っていないのもそれはそれで気持ちが良くないので(オイ、端のほうで曲げて強引に合わせてみました。

・手すりの別パーツ化

屋根板を前後逆で使う都合上、パンタ付近の屋上手すりの表現がなくなります。実車には付いていたようなので別パーツで付けてみました。
使用するのはトレジャータウンのTTP201-12「汎用手すり 1.2mm幅」。ランナー(?)の部分に穴あけ治具が付いてきます。
f:id:hinodemaeinspection:20170105235852j:plain:w300
写真が完成系に飛びますが、最終的にこんな感じに仕上がりました。取付穴はφ0.3mm。大きすぎないか、と思ったのですが裏から接着剤を流すと余計な隙間は埋まるものなんですね。

ちなみに101系と103系、妻板側の昇降ステップも左右逆になっていたようです。そのため例の如く妻板との整合性がとれていません。



また、後パンタ車輌の、側面昇降ステップの上の手すり(何と呼べばいいのでしょう)も浮かせた結果、最終的にこうなりました。
f:id:hinodemaeinspection:20170105235052j:plain
こちらは上記の汎用手すりの「ヒゲ付き」を使用。塗る前はなーんだぁたいしたことないじゃーん状態でしたが、塗装すると目立つようになります。いい雰囲気です。

f:id:hinodemaeinspection:20170105235038j:plain
最後に、カッターとヤスリで屋根板の長さを調整。中間車用は先頭車用に比べて数ミリ長いんですね。本来は一番最初にやるべき作業ですよ?


・屋根の塗装

塗装の前に、油を落とさなくてはなりません。一般的には石鹸水に一晩漬け込むなどの方法が採られることが多いようですが、瞬間接着剤は水に弱いため、この方法は不採用。歯ブラシでゴシゴシもパイピングを痛めそうだったので、洗剤とで洗ってみました。毛先の軟らかいものがおすすめです。

金属に塗装するので、まず最初にメタルプライマーを吹いておきます。

f:id:hinodemaeinspection:20170105235005j:plain
その上に、ベンチレーターの色としてMr.カラーのNo.97「灰色9号」を塗装。クレオスさん、通常シリーズでしれっと鉄道カラーを出しているんですね…
色合いはGMカラーよりも実感的ではないかと。
f:id:hinodemaeinspection:20170105234616j:plain:w500
鉄道色としては珍しい「ツヤあり」です。個人的な考えですが、表現の幅が広がるので鉄道カラーは光沢仕様で出してほしいところ。もっとも、業界の流れとしては半ツヤで出すのが常識なのでしょうね…阪急マルーンとか半ツヤで出されても困ると思うのですがどうでしょうグリーンマックスさん???


話が逸れましたね。
f:id:hinodemaeinspection:20170105234903j:plain:w500
ベンチレーターを保護するため、マスキングテープを筒状に巻いて上からマスキングゾルを塗ります。屋根板の色として、GMのNo.35「ダークグレー」を塗装します。

本題はここから。立体化したパイピングの塗装は筆塗りが主流のようですが、某先輩のアイデアを使って
f:id:hinodemaeinspection:20170105234844j:plain
配管の下にテープを潜らせるようにしてマスキングして
f:id:hinodemaeinspection:20170105234826j:plain
あくまでもエアブラシで塗り分けようと。サラッと書きましたが超面倒くさいです。

マスキングが済んだらMr.COLORのNo.35「明灰白色(三菱系)」を塗ります。

f:id:hinodemaeinspection:20170105234730j:plain
塗り終わるとこんな感じ。
f:id:hinodemaeinspection:20170105234806j:plain
布のような質感のなかに直線。ミリタリー系のカッコよさを感じるのは自分だけでしょうか…?

マスキングを剥がすと
f:id:hinodemaeinspection:20170105234707j:plain
ベンチレーターも屋根も保護できていない…あちこちに変な色が付いていました。マスキングって難しい。


ダメな部分は筆塗りで修正します。本式のNゲージならばベンチレーターは別パーツなので、場所によってはBトレのほうが塗装が面倒だったりするのです。


最後に、Mr.カラーのNo.182「スーパークリアーつや消し」で保護塗装。
f:id:hinodemaeinspection:20170105234514j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20170105234527j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20170105234655j:plain
初めてにしては上出来かな??

パイピングっていいですね。まだまだ「ごはんn杯いける」の次元には到達できていませんが、ライス(小)ぐらいならいけそう。

パンタグラフの塗装

f:id:hinodemaeinspection:20170106010458j:plain:w300
屋根板と並行でパンタグラフも塗っておきます。メタルプライマー→Mr.カラーNo.35→つや消しクリアーの順です。
f:id:hinodemaeinspection:20170106202616j:plain:w300
このパンタ、ジャンクで購入したKATOの205系に付いてきたものです。PS16系列かと思いますが、現行のKATO製PS16よりも線材が太く大ぶり。リニューアル前の製品でしょうか。
f:id:hinodemaeinspection:20170106202606j:plain:w400
パンタの塗装はかなり効果が大きいです。鉄コレのN化の際、パンタを塗装すると文字通り化けます。金属むき出しとは比べ物になりません。缶スプレー一本から出来る加工なのでぜひお試しあれ。


・組み立て

f:id:hinodemaeinspection:20170201084127j:plain
前パンタの屋根板はジャンパ栓受けのある車輌(クモハ101)に、前後逆に取り付けます。ガラスと屋根板をつなぐピン6本中2本が使えなくなりますが、保持力は十分。むしろ、かなりキツかったので屋根側のパイプの内側をリューターで少々削っておきました。パイピングしたものを力いっぱい押し込むのは怖くて…

f:id:hinodemaeinspection:20170109233456j:plain

f:id:hinodemaeinspection:20170201084328j:plain:w400
下廻りは、適当なBトレ床板に鉄道コレクション第20弾の動力化用台車レリーフを付けたもの。ボックス買いしたので大量に余っていたものです。ぜんぶ動力化したら破産するよねアレ


最後に、戸当たりゴムにコピックモデラー0.02(ウォームグレー)で色入れ。灰色系統のゴムはこれでOKガンダムマーカーとは比べ物になりませんよ。



さて、めでたく完成です。

f:id:hinodemaeinspection:20170201084212j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20170201084202j:plain

f:id:hinodemaeinspection:20170201084257j:plain:w400
このアングルから見ると…
f:id:hinodemaeinspection:20170201084137j:plain:w400
手すりの間から姿を見せるベンチレーター。

f:id:hinodemaeinspection:20170201084314j:plain
この角度からだと…
f:id:hinodemaeinspection:20170201084003j:plain
立体感のある車端部。魔改造してないほうが部品の合いが悪いのが気に食わない


前面をアップで。
f:id:hinodemaeinspection:20170201084100j:plain:w200前パンの101系。
f:id:hinodemaeinspection:20170201084110j:plain:w200こちらはズレ幕を表現。

尾灯はあえてマスキングして透明で残し、後から赤のペンで塗ったのですがちょっと失敗かもしれません。


f:id:hinodemaeinspection:20170109233442j:plain
いずれ、本格的なNゲージのパイピングもしてみたいものです。



・こちらもあわせてどうぞ


FARBEのクリーム10号とポスカを使ったのはこちらの車両。




改造のために部品を買い漁る際の参考になれば幸いです。


・更新履歴

2017/02/05 投稿

名古屋駅前のネカフェ「ROUNGE」に宿泊【青春18切符の旅】

旅行

f:id:hinodemaeinspection:20161228093855j:plain

どうしても旅費のなかで大きな額となってしまう宿代、それを安く上げる王道の手段です。

・アクセス

JR名古屋駅の太閤口を出るとビックカメラが見えます。その右のほうに見える、緑と白のサインが出ている店がROUNGEです。立地はまさに駅前の一等地。太閤口からは徒歩約2分ですが、出る改札によっては太閤口までが長い場合も。名古屋駅の構内を歩く時間のほうが長くなるかもしれません。


・料金と時間

18きっぱーの味方、ナイトパックの料金は何と1200円。立地を考えると信じられない安さです。

ナイトパックの受付時間は22:00~04:59で、滞在可能な時間は、

・金曜日&土曜日は6時間
・それ以外は8時間

と、曜日によって変動します。日曜日~木曜日に関して、公式サイトには「期間限定」と書いてありますが、「期間」とは「日曜日~木曜日」のことであって「n月からm月まで」という意味ではないようです。


しかも、
f:id:hinodemaeinspection:20161227051837j:plain:w300
画像にあるように、会員登録すると初回は200円引き、2回目以降も100円引きになります。
したがって、初回に関しては実質1泊1000円になります。これはもう安いという次元を超えているのでは…?


・ブースの設備

宿泊が目的なので、シングルフラット席を選択。

f:id:hinodemaeinspection:20161227051649j:plain
ブースに入ると、テーブルの上はこんな状態にセットされていました。PCの画面に立て掛けてある紙は、

f:id:hinodemaeinspection:20161227051824j:plain:w300
まず、利用規約と清掃担当者が書かれた紙。清掃担当者が書いてあるのは初めて見ました。清潔感があって良いです。

f:id:hinodemaeinspection:20161227051837j:plain:w100
次に、会員登録キャンペーンの告知ポスター。先ほど載せた画像はこれです。

f:id:hinodemaeinspection:20161227051831j:plain:w300
そして、置き引きに対する注意喚起。これは言われなくても注意しましょう。旅行中に財布を盗られたら大惨事ですから…

・コンセント

バイルバッテリーで何とか電池を持たせることの多い鉄道旅行、コンセントはまさに生命線です。
このネカフェの、フラットタイプのブース席の「生命線」の本数はと言うと…
f:id:hinodemaeinspection:20161227051417j:plain
2本です。これはありがたいですね。6つに分かれる電源タップのうち、4つがPCと関連機器の電源になっていて残り2つが空いている格好です。


・PC

f:id:hinodemaeinspection:20161227051703j:plain
ブースに入った時点で、同意を求める画面が出ていました。
とは言っても、あまりにも当たり前すぎる事しか書いてありません。サクッと同意しましょう。
f:id:hinodemaeinspection:20161227051811j:plain:w500
デスクトップはこんな感じです。モンスターエナジー的なカッコ良さ。

f:id:hinodemaeinspection:20161227051725j:plain:w400
OSは安定のWindows7です。
…え?確認しなくても分かれって?(^▽^;)


Wi-Fi

パスワードなしで使えます。もちろん無料で、回線速度も申し分ありません。0:00に一旦使えなくなりましたが、すぐに復旧しました。きっとメンテナンスでしょう。


・その他ブースの環境

・ブースの扉

f:id:hinodemaeinspection:20161227054918j:plain:w500
扉にガラスの窓が付いていて、中が見えるようになっています。少々やりづらいかも知れませんが、
f:id:hinodemaeinspection:20161227051226j:plain:w500
どうやら防犯上の理由でドア交換を行ったようです。都市部なので仕方がないと考えましょう。


・タバコの臭い

このネカフェ、ビルの4階と5階をあわせて一つの店舗として使用しています。受付は5階にあって、喫煙エリアは5階、禁煙エリアは4階となっています。フロアによる分煙ですね。禁煙フロアでタバコ臭さを感じることはありませんでした。ドリンクバーやトイレは4階と5階、両方に用意されているため、普段使いでタバコ臭が気になることはありません。しかし、受付やシャワーなど、その他の施設は5階にあるので、行くたびに臭いのはちょっと…


・音

トイレの温風乾燥機から発生する、なぜか掃除機のような大きな音が時々聞こえてくることを除けば、基本的に静かで申し分はありません。

・照明

f:id:hinodemaeinspection:20161227054827j:plain:w250f:id:hinodemaeinspection:20161227054852j:plain:w250
個別照明は2つでした。ブースの壁面上部に一つと、PCの上に一つ。

また、フラット席なのに天井に照明が付いていました。寝るときには目を覆ったほうがよさそうです。

・スリッパ

フロントで貸し出しを行っています。こちらも無料。今回は利用しませんでしたが、
ブランケットも無料貸し出しがありました。


・ドリンクバー

f:id:hinodemaeinspection:20161227051351j:plain
いたって普通のドリンクバーです。強いて言えば、コップが使い捨てタイプなところが特徴的かも。
f:id:hinodemaeinspection:20161227051205j:plain:w300
「会員登録すると割引」キャンペーン、ここでもPRしていました。

f:id:hinodemaeinspection:20161227051218j:plain:w250f:id:hinodemaeinspection:20161227051213j:plain:w250
ミニッツメイドのピーチとピーチスカッシュなんて初めて見ました。美味しかったですw


・シャワー

フロントで鍵を受け取ってシャワールームに入るスタイルです。鍵の内側に更衣スペースとシャワー室があり、使い勝手は非常に良いです。
別料金制で、20分200円、30分300円、延長料金は10分で100円でした。

f:id:hinodemaeinspection:20161227051240j:plain:w250実際のシャワー室はこんな感じ。
きちんと清掃されているようで、清潔でした。
シャンプー、リンス、ボディーソープは標準装備。


・フロアガイド

このページに載っています。検索エンジンには引っかからず、公式サイトにもリンクがないページですが、アドレスさえ知っていれば外部からでも自由にアクセスできます。

ちなみにここのPC、インターネットブラウザのホームがここになっています。"http://www.rounge.co.jp/rounge.html"と、いかにもトップページ感溢れるアドレスですが、対外的にはこのページを使用しない理由とは……もしかしたらラウンジ栄店との兼ね合いかも知れませんね。

・外部リンク

名古屋駅西店 | インターネットカフェ ラウンジ
基本的な店舗情報はこちら。アクセスマップもここに載っています。

そして、
名古屋駅西店 料金一覧 | インターネットカフェ ラウンジ
対外的な料金の詳細はこちらです。ただ、内部向け(?)の
料金・サービス・お食事 | インターネットカフェ ラウンジ 名古屋駅西店
こちらの方が詳細かもしれません。実際、外向きのページにはコピー機が使えるとは一言も書いていません。この差は一体…?


・更新履歴

2017/01/01 投稿

Bトレ101/103系の前面パーツまとめ

Bトレインショーティー JR西日本 日本国有鉄道 JR東日本

種類が多いので手持ちの前面パーツを形状ごとに整理してみました。全種類を網羅できているわけではないのでこれからも増えるかも?

アルファベットと数字は裏側の刻印です。

・103A1

f:id:hinodemaeinspection:20160918160343j:plain:w200
低運転台、JR西日本更新車

・103A 1(2段に分けて書かれている)&103A

f:id:hinodemaeinspection:20160918160318j:plain:w200f:id:hinodemaeinspection:20160918160333j:plain:w200
高運転台車、ジャンパ栓納め付き
ブロックへの取付足の長さ以外は同じに見える。

・K103 A1(2段に分けて書かれている)

f:id:hinodemaeinspection:20161020064610j:plain:w200f:id:hinodemaeinspection:20170108230304j:plain:w200
ブタ鼻ライト(シールドビーム)仕様、前面通風口は塞がれている

・K103 A4(2段に分けて書かれている)

f:id:hinodemaeinspection:20160928185617j:plain:w200
明らかに101系。
原型ライト、ジャンパ栓収め2つ付き

・K103 A5(2段に分けて書かれている)

f:id:hinodemaeinspection:20160918155953j:plain:w200f:id:hinodemaeinspection:20160918160035j:plain:w200f:id:hinodemaeinspection:20160918160047j:plain:w200
原型ライト、ジャンパ栓納め付き、前面通風口あり
Bトレの103系のなかでは多数派?

・K103 A6(2段に分けて書かれている)

f:id:hinodemaeinspection:20160918160310j:plain:w200
前面強化が再現されている。ブタ鼻(シールドビーム)、ジャンパ栓納めなし

・105A1

f:id:hinodemaeinspection:20160918160052j:plain:w200f:id:hinodemaeinspection:20160918160101j:plain:w200f:id:hinodemaeinspection:20160918160114j:plain:w200
103系ATS-P設置車。運行番号表示器なし、原型ライト、ジャンパ栓納め付き、前面通風口なし

・S1000A1

f:id:hinodemaeinspection:20161208142339j:plain:w200
101系。原型ライト、ジャンパ栓納め付き。K103 A4(2段に分けて書かれている)に比べてライトの縁が太い?

・S1000A2

f:id:hinodemaeinspection:20161207103348j:plain:w200
101系。ブタ鼻(シールドビーム)、ジャンパ栓納めなし





( ˘ ˘) 。o(1000番台とか1200番台仕様のお顔、欲しいなぁ…)



・こちらもあわせてどうぞ



・更新履歴

・2016/10/20 投稿

・2016/12/07 項目の追加、体裁の変更

当ブログはリンクフリーです。