日ノ出前検車区

趣味は朝活で。最近は備忘録と化しています

札幌のササラ電車のフィギュアを動力化してみる

海洋堂の創る超リアルな(フィギュア版)冬の北海道大物産展という名前で模型化された車両です。どうやら飲み物のオマケとして2006年の1月頃に販売されていたようです。

さて、どうしてそんな物が私の手元に来たのか。
f:id:hinodemaeinspection:20180123184943j:plain:w300
地元にかつて存在したリサイクルショップで発見したからです。お値段50円。

中に入っていた紙はこんな感じ。
f:id:hinodemaeinspection:20180123185834j:plain

f:id:hinodemaeinspection:20180123185826j:plain
下に見えるCDケースは押さえつけるためにスキャナーに挟んだ物です、気にしないでください(汗)
ササラとはそもそも何なのか、そういったところまで説明されている丁寧な解説書。

気になるスケールですが、
f:id:hinodemaeinspection:20180127125834j:plain
軌間を測るとだいたい6mmといったところでしょうか。札幌市電狭軌なので、スケールダウンが正しく行われているとすると約1/178になります。しかし、線路と車体の縮尺が本当に同じなのか、そもそも車体はデフォルメされていないのか、そこは私には何とも言えません。


さて。勢いで工作をしたら全然写真を撮っていませんでした(笑)完成した動力ユニットがこちらです。
f:id:hinodemaeinspection:20180127130503j:plain
モーターは少し前に購入した秋月電子の振動モーター(現行の物とは少し違う)からオモリを外したもの、ウォームギアとギア付き車軸はKATOの物を使用しています。
f:id:hinodemaeinspection:20171123232847j:plain:h250
車輪はロクハンのφ4mm車輪を使っています。鉄道ホビダスによると、この車輌の台車は「Brill79E改」で、原型のBrill79Eを大改造した物だそう。同じく鉄道ホビダスによると、その原型の台車は車輪径が610mmだったそうです。610÷150≒…というわけで車輪径を4mmにしています。ただし、大改造の際に車輪径が変わっていない保証はありません。

一番重要なのは軌間。1/150の車両が9mmのNゲージではなく6.5mmのZゲージのレールを走る、いわゆる「Njゲージ」という規格で動力化しました。Nゲージに改造するのには無理があったからです。
原因は、1/150の世界において9mmゲージは標準軌馬車軌に相当することです。1435÷150≒9.57で、1372÷150≒9.15。一方、1067÷150≒7.1で、これを9mmに揃えているのが今の日本型Nゲージ、というわけです。一般的な車両ならばこれでもなんとかなるのですが、車体が横に小さいササラ電車では無理でした。Njゲージ規格を採用した理由はこれです。

f:id:hinodemaeinspection:20180127130450j:plain
というわけで、ギア付き車軸は左右の長さを詰めて使っています。内径は同じ1.0mmだったので穴は加工せずに使えます。集電板は同じくKATOの物を切削加工し、軸間距離を詰めて使用しています。

最後にですが、モーターにウォームギアを取り付ける際に気付いたことを何点か。

まず、KATOのウォームギアの穴径は1.0mmです。片方の端っこだけ1.0mmしまりばめ、残りはすきまばめという造りになっています。
ところが、今回使った小型モーターの軸径はそれより細いのです。軸を揃えてあげないとギアがブレてしまうため、金属パイプで穴径を変更して差し込んでいます。

で、このモーターの軸径を測ったら0.8mmと出ました。なので、Albion Alloysの外径1.0内径0.8のパイプを購入。

しかし、実際に挿してみたら緩くて全然軸が合いませんでした。まさかと思い、後日内径が0.7mmの物を購入したところ…
f:id:hinodemaeinspection:20180127133858j:plain
気持ちいいほどにピッタリでした。0.7mmじゃん。

原因は測定器具にありました。
f:id:hinodemaeinspection:20180127133927j:plain
昔から使っていたプラ製のノギスを使ったのですが、これがよく見ると最小読取値0.1mm、器差0.1mmと書いてありました。これはいけませんね。こういう目的で使うならば、もっと高級な器具を用意すべきでした。反省。

f:id:hinodemaeinspection:20180127133944j:plain
で、外径1.0、内径0.7のパイプというかなりマニアックな代物ですが、これはエコーモデルさんが製品化しています。他にも様々な外径と内径の組み合わせで売っているようなので、動力の自作をする際には重宝するかと思います。

f:id:hinodemaeinspection:20180127130416j:plain
ここまで終わるとこんな感じ。動力にはウェイトとして鉛を積んでおきました。
ブラシが台座側に表現されているため、新しく作って車両に付けなくてはいけませんね。また後日やろうと思います。

鉄コレの相鉄モニ2000をボディマウントカプラー化する

f:id:hinodemaeinspection:20180202201740j:plain
TNカプラーを付けると台車が回らなくなるために、ボディマウント化を諦める人が多かった車両。私もKATOの物を試してみたり、限界まで削ってみたりと色々試しましたが、全て失敗していました。


ところが、先日発売された連結器を試してみたらボディマウント化できました。
f:id:hinodemaeinspection:20180203104933j:plain
三鶯(サンイン)重工のCESというカプラーです。三鶯重工は運転シミュレーション系ゲームのコントローラーで有名な台湾の会社ですが、模型部品の販売も始めたようです。取り付け部はTNタイプとKATOタイプの2種類、連結部は密自連タイプと棒連結器タイプの2種類あり、計4種類の製品が出ています。


カプラーポケットの部分が小さいことが特長で、台車が干渉して取り付けられなかった場所にも付けられるカプラーです。

ただ、これでもモニ2000にそのまま付けることはできません。加工を行います。

f:id:hinodemaeinspection:20180202201830j:plain
ここまで削り込んで小さくします。復心装置を諦めることになりますが、仕方がありません。カプラーの回転軸を左右にずらす機構が他社のカプラーよりも車端部側にあるため、ここまで削ってもきちんと機能します。

f:id:hinodemaeinspection:20180202201843j:plain
曲線通過時の様子。この程度回せばR280は曲がれます。

f:id:hinodemaeinspection:20180202201815j:plain
私が設定している到達目標の「R280同士のS字カーブをクリア」も達成。これができれば殆どのレンタルレイアウトは走れます。

f:id:hinodemaeinspection:20180203123748j:plain
ただし、弱点が一つ。カプラーポケットと床板取付部はKATOスタイルなツメで繋がっていて、一度外すとツメのモールドが潰れて緩くなってしまいます。本家KATOの連結器同様、解結時に根本ごと取れる問題が発生するんですね。破損防止のため、改造が終わった後に瞬間接着剤で固定しておきました。軟質プラ同士の接着なのでセメダインのPPXを使用しています。


f:id:hinodemaeinspection:20180202201803j:plain
販売はF-Modelsのオンラインショップと秋葉原の店舗で行っています。(2018年2月現在)

この記事が、TNが付けられない車両でお悩みの方のお役に立てば幸いです。



秋葉原鉄道模型店をまとめたマップを作っておきました。ぜひご利用ください。

ZZトレインのモーター車輌を分解してみる

f:id:hinodemaeinspection:20160423230233j:plain:w500
f:id:hinodemaeinspection:20160703111030j:plain:w500

バンダイから発売されていた軌間4.6mmの鉄道模型(?)です。

生産は終了している模様ですが、今でも中古模型店or中古おもちゃ屋に行くと売っていることがあります。



f:id:hinodemaeinspection:20160703110830j:plain:w500
裏返すとこんな感じ。

f:id:hinodemaeinspection:20160703110856j:plain:w500
大きな銀色のネジを外すと、電池が入れられます。普通に走らせるだけなら、外す必要があるのはここまでです。
f:id:hinodemaeinspection:20160703110908j:plain:w400

f:id:hinodemaeinspection:20160703110918j:plain:w400


車両後方のカバーも外してやると、
f:id:hinodemaeinspection:20160703110928j:plain:w500
歯車とモータが現れます。
車両前方の基板は電源スイッチ。0系の方は、ねじ止めでなくテープで固定されていたので、取り外しを諦めました。


f:id:hinodemaeinspection:20160703110937j:plain:w400
歯車部分。減速と回転軸の方向転換が行われています。


f:id:hinodemaeinspection:20160703110946j:plain:w300
駆動装置は黒いケースでまとめられています。

f:id:hinodemaeinspection:20160703111003j:plain:w400
E231の方のスイッチを取り出すとこんな感じ。


f:id:hinodemaeinspection:20160703111024j:plain:w500

車両に電池を積み込むタイプなので、線路がなくても走れます。

…がしかし、実際に走らせてみるとスケールスピードよりもかなり速く、小さなレイアウトでまったり、といった感じではありませんでした。連結できる両数も、動力を含め3両までだったようです。さらに、「ZZトレイン」の名前の由来が、走るときにジージーと音を立てることだったそうで。模型というよりはオモチャですね。

しかし、走行機器がここまで小さくまとまっているオモチャはなかなか見かけません。何に転用できるかが楽しみです。


ちなみにこのZZトレイン、バンダイの製品だそうです。沢山の失敗を経験しつつ、何度も鉄道の世界に斬り込んだバンダイ。今となっては、一応は「玩具」なはずのBトレインショーティー大きなお友達から財産を巻き上げる(他人事じゃない)程に成長しています。この商品は残念ながら不発に終わったようですが、鉄道ファンは何を欲しがっているのか、それを体当たりで学んでいく過程にあった商品なのだろうな…などと考えていました。

キャンドゥのアナログ腕時計を分解する

極小サイズの歯車が欲しかったため、100円ショップの「キャンドゥ」で売っている腕時計をバラしました。アナログ腕時計が108円で買えるなんてすごい時代ですねぇ。

f:id:hinodemaeinspection:20180110005227j:plain:h300
パッケージはこんな感じ。ベルトの色は白と黒の2種類でした。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073414j:plain:w500
とりあえず裏蓋を外します。これは電池交換の時にも行う普通の作業です。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073401j:plain:w500
……さて、ここから先、ムーブメントの外し方が分からなかったのでエイヤッ!!とやったら時刻合わせのツマミが折れました。うーんこの。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073331j:plain
ひっくり返して、針を外して文字盤の紙を剥がしたら中身が出てきました。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073318j:plain
外の白いカバーを外すとこんな感じ。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073252j:plain
金属製のバンド(?)を取ってカバーを外します。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073235j:plain
そして、ひっくり返すと歯車が取れます。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073205j:plain
動力源も外します。

f:id:hinodemaeinspection:20180106073140j:plain
今回のお目当てはこの小さい歯車。回転軸の向きを90度変えられるギアです。

f:id:hinodemaeinspection:20180106072506j:plain
大きさはこんな感じ。大きな歯車は向きを変えられるギアと噛み合う歯車で、黒い円形の物体はKATOの車輪です。
f:id:hinodemaeinspection:20180106072431j:plain
こちらはペアーハンズのφ3.5mm車輪との比較。この程度のサイズの歯車が複数入っていました。

f:id:hinodemaeinspection:20180106072412j:plain
腕時計の本体(?)はパーツを入れておくケースになりますね?

f:id:hinodemaeinspection:20180106072304j:plain
さて、2つ目を解体したときに分解の正攻法が判明しました。時刻合わせの棒にネジが切ってあるため、この部分をペンチで掴んでツマミ部分を回してやるとツマミが取れます。あとは上記のように分解すればいいわけです。

この小ささの実用的な歯車は単体では売っていないため、こうして安価に入手できるのは有難いものです。ネットショッピングしようにも特注歯車の話しか出てこないので…(´・ω・`)

当ブログはリンクフリーです。