日ノ出前検車区

趣味は朝活で。最近は備忘録と化しています

3Dプリントのサポート材をリモネンで除去してみた

3Dプリントのアクリル素材で出したものを塗装する前にやる、サポート材の除去作業の話です。本格的な3Dプリントサービスだとサポートを完全に落とすところまでやって出荷してくれるそうですが、DMMのような簡易的なサービスだとオーブンでサポートを溶かすだけで終わりなので、表面(裏面)に付着しているサポート材は自分で落とす必要があります。


3Dプリントのサポート材は60~70℃程度で溶ける白いワックス状の物質で、常温では水にもシンナーにもアルコールにも溶けないと言われています。それゆえ落とすのが一苦労で、かつ手法は人によってまちまちなのが現状です。



唐突ですが、色々あってサポート材の正体はパラフィンなんじゃなかろうか、と思いました。パラフィンだとすると先述の特徴と矛盾しないんですね。


で、これは既知の事実ですが、パラフィンはリモネンに溶けます。キシレンでも溶かすことができます(というより溶媒としての性能はキシレンのほうが上)が、キシレン劇物扱いで入手も保管も廃棄も面倒なので考えないことにしましょう。



f:id:hinodemaeinspection:20190908141813j:plain:w250
というわけでリモネンを買いました。am͜a͉zonで売ってるやろ~~と思っていたのですが純度の高いものは意外とないものなんですね。

ちなみに↑これを踏んでも私にいいことは起こりません。

150mlで2000円弱です。決して安くはないですね。リンク先にリモネンは3Dプリントのサポート落としに使える、という売り文句が書いてあるので実は製造側の想定する用途だったりするのです。



で、適当な3Dパーツを漬けこんで常温で1日ほど放置してみました。


f:id:hinodemaeinspection:20190908142109j:plain
透明なものが漬け込んでいないもの(DMMのextreme)、白いのが漬け込んだextreme、黒いのがultraの黒染めです。まず溶けたり変形したりはしていません。しかし、何故か引き揚げてしばらくすると白化しました。ただ、硬さは変わっておらず劣化した感じはありません


洗剤で洗ってリモネンを落とし、よく水気を切ってから塗装しました。


f:id:hinodemaeinspection:20190908141822j:plain
こちらが黒い部品です。上を向いているのがが出力時の下側だった面です。積層の筋のようなものがハッキリと出ており、サポート材は落ちていそうな感じです。



f:id:hinodemaeinspection:20190908141809j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20190908141818j:plain
こちらがextremeで出した部品です。片方は漬け込まずに塗装しました。こちらも出力時の下側を上に向けています。片方は窪みのところのモサっとしたものがなくなっているのが分かりますね。




というわけで、3Dプリントのサポート落としはリモネンを使えば常温で漬け込んでおくだけでできそうです。




f:id:hinodemaeinspection:20190906000827j:plain
この後、とりあえず車体を作ってみようということで設計して出した近鉄260系(内部線・八王子線)のショーティー版です。クリアで出力した造形物をリモネンに漬けると白化しますが、これは模型を作るうえでは非常に都合が良いのです。不透明になると視認性が格段に良くなるんですね。



また、微細な構造を持つ造形物のサポート落としもやってみました。
f:id:hinodemaeinspection:20190908152758j:plain
データ上でφ0.2やt0.15の細い部分が多数ありますが、折れてしまった・ヒビが入ったなどのトラブルは発生していません。リモネンで造形物が劣化することはなさそうです。




今後また何か分かったことがあればここに加筆していくつもりです。

アクリル樹脂用接着剤で3Dプリントのアクリル素材を接着したかった

3Dプリント製の鉄道の板キットを組むとき、瞬間接着剤が硬化時に収縮するせいで何もしないと車体が反ってきます。通常のスチロール樹脂?製の板キットにプラ用接着剤を使うように、アクリル樹脂を溶かせるような薬剤で3Dプリントキットを組んでみたかった話です。


目を付けたのはこれです。
f:id:hinodemaeinspection:20190906000835j:plain:w250
アクリルと言えばのアクリサンデーから出ているアクリル樹脂用接着剤です。これなら溶けるんじゃないかなぁ?


家にあった適当な端材で実験してみました。全てDMMに注文したものです。


1.extreme(無色)
f:id:hinodemaeinspection:20190906000809j:plain


2.ultra(黒染め)
f:id:hinodemaeinspection:20190906000818j:plain


3.extremeをリモネンでサポート除去したもの
f:id:hinodemaeinspection:20190906000801j:plain




で、結論ですが、どれも全くダメでした。表面が溶けている気配すらありませんでした。


アクリル樹脂とはいっても実は違うものだったりするのかなぁ?



今後とも薬剤を探していきたいと思います。

青森駅前のネカフェ「ムーン」に宿泊

f:id:hinodemaeinspection:20190901185447j:plain:w300
青森駅の近くのネカフェです。意外なことにこのエリアにはここしかネカフェがないんですよね。

宿泊日:2019年8月27日

・入会

入会金の類は徴収されませんでした。ただし、カラオケまねきねこのアプリを入れる必要があります。
f:id:hinodemaeinspection:20190831102108j:plain:w250


・料金

基本料金は公式サイトのこちらに書いてあります。ナイトパックなどはありません。12時間だと2484円です。

f:id:hinodemaeinspection:20190901185437j:plain:w300
また、7月末から8月は休日料金を加算され、繁忙期はパック料金廃止で10分ごとの通常料金のみとなります。繁忙期は他の地域に行くか、一般的な宿に泊まったほうが良さそうです。


f:id:hinodemaeinspection:20190901185453j:plain
学割があります。300円引きです。学生の方は活用しましょう。


また、シャワーは324円、タオル付だと432円となります。


・ブース

f:id:hinodemaeinspection:20190901184914j:plain:w250
一般的な広さのブースでした。コンセントはありますがロッカーはありません。

f:id:hinodemaeinspection:20190901184945j:plain:w300
コンセントもPCの上に1口あるのみです。位置が高く、寝そべって充電しながらスマホを使うことは無理そうです。たまたま延長コードを持参していたのでそれを使いましたが、ちょっと何だかなぁ。


f:id:hinodemaeinspection:20190901184900j:plain:w250
また、ドアの下が短くて中が見えてしまいますが、

f:id:hinodemaeinspection:20190901184957j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190901184906j:plain
垂れ幕のようなものが用意してあって隠せるようになっています。


ニオイに関しては、特に臭いなどといったことはありませんでした。入り口と喫煙エリアが1階、禁煙エリアが地下1階とフロア分煙を採用しています。


・シャワー

タオルなしで324円、タオル付で432円です。シャワー室は十分に清掃されていました。特に申し分のないシャワーでした。


・レンタル用品

受付で毛布やスリッパを借りることができます。


・洗面器

f:id:hinodemaeinspection:20190901222019j:plain:w300
これがこの物件最大の難点です。なんと洗面器と呼べそうなものはこれしかありませんでした。手を洗うのが精いっぱいです。


・ドリンクバー

f:id:hinodemaeinspection:20190901184927j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190901184920j:plain

ドリンクバーのほかにソフトクリームとシロップがありました。また、この店は飲食物の持ち込みが可能であり、電子レンジが置いてあります。




最終的に、12時間パックで滞在してシャワー+タオルを使い学割を効かせて総額は2724円でした。学割がなければ3024円、タオルをなくしても2916円とほぼ3000円コースです。ここまで定価が高かったのは記憶にある限り小千谷のネカフェだけで、しかもそこは今まで経験した中で一番のネカフェな上に学割で半額になりました。



総合的にですが、設備がいまいちな割に高価格でうーん……と言うのが正直なところ。しかし、ネカフェがあるだけ有難いと思えと言われればまさにその通りなのでございます。

安積永盛のネカフェ「快活CLUB」に宿泊(+須賀川の花火大会)

郡山駅前の快活亡き今、このエリアの宿として次の候補に挙がる物件です。

・アクセス

f:id:hinodemaeinspection:20190831172822j:plain
駅舎を出て跨線橋を渡り、ヨークベニマルの角を右に曲がれば10分ほどで着きます。快活の建物は大通りの駅側にあるので横断歩道を渡る必要はありません。

f:id:hinodemaeinspection:20190831172816j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190831172836j:plain
ちなみにヨークベニマルは22時まで営業しているのでここで食料を調達するのもアリです。


f:id:hinodemaeinspection:20190831172847j:plain
さらに、快活のすぐ横にコインランドリーがあります。この店舗は外出が可能なので、洗濯中の暇な時間は快活で過ごすといったこともできます。長旅の途中の宿泊地にうってつけですね。

・料金

8時間ナイトパックも12時間パックもあります。快活は料金がはっきりしているので安心ですよね。


・ブース

f:id:hinodemaeinspection:20190901132154j:plain:w300
いつものコンセントとロッカーが付いているブースでした。

今回一番見たかったのは前々から気になっていたこれです。
f:id:hinodemaeinspection:20190901132159j:plain:w300
プライバシーεの透明なドアです。やはりこうなっていました。以前泊まった会津インター郡山駅前もこうなっていたので福島県条例か?と考えていたのですがこれでほぼ確実ですね。福島県内のネカフェは全てこうなっていると考えて差し支えないでしょう。


また、この店舗は内部構造がとても面白いです。
f:id:hinodemaeinspection:20190901132205j:plain
中央の大階段の右側上段が喫煙エリア、左側上段が禁煙エリア、右側下段がドリンクバー&カラオケ、左側下段がコミックコーナーでした。
f:id:hinodemaeinspection:20190901132210j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190901132147j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190901132135j:plain
喫煙エリアとカラオケはドアで隔離されており、さらにドリンクバーも遠い場所にあったのでニオイも音も気にならず快適に過ごせました。


・シャワー

f:id:hinodemaeinspection:20190901132225j:plain:w250
いつもの安心と信頼の快活のシャワーでした。

・洗面器

f:id:hinodemaeinspection:20190901132231j:plain
いつもの快活の洗面器です。

・レンタル用品

f:id:hinodemaeinspection:20190901132141j:plain
ブースの脇に積んであります。

・ドリンクバー

f:id:hinodemaeinspection:20190901132219j:plain
いつもの快活ドリンクバーでした。アイスクリームの機械が2台あってメンテナンスの時間をずらしていたので、他の店舗とは異なりいつでもアイスクリームが食べられます





シャワー付きで駅チカ、しかもコインランドリーが至近にある非常に恵まれた店舗です。遠征の際にはぜひ利用を検討してみてください。




f:id:hinodemaeinspection:20190831171205j:plain
それにしてもこの外観です。元ファミレスにしては内部構造が変ですし、快活が入る前は何だったのかが気になるところです。


・公式サイト



須賀川の釈迦堂川花火大会と臨時列車

話がネカフェに入る前に戻ります。

水郡線に乗りここで降りたら妙に人が多く、しかも結構な割合で浴衣姿。駅員も4人ほど居て須賀川までの往復切符を売っていました。花火大会があるのだろう、と察して調べたところ、長さ90分の大規模な大会らしかったので急遽参加を決めました。睡眠が犠牲になりますがこうなったら仕方がありません。
f:id:hinodemaeinspection:20190831171213j:plain
あり得ないぐらい混んでいる701系で南下します。車内で「東京はもっとヤバかった」みたいな会話が聞こえてきたり。

f:id:hinodemaeinspection:20190831171223j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190831171143j:plain
ヘボいスマホ写真ですが雰囲気だけでも伝われば。非常によかったです。特にフィナーレの大盤振る舞いは帰宅ラッシュに巻き込まれてでも見ることをお勧めします。



さて。フィナーレが終わったあと、即座に荷物をまとめて駅まで小走りで戻りました。最後まで居たくせにやっぱり駅で足止めは嫌なのです。
f:id:hinodemaeinspection:20190831172734j:plain
酷い写真ですが駅の様子を。駅前の駐車場の曲がりくねったコースを進む人々です。

f:id:hinodemaeinspection:20190831172739j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190831172744j:plain
駅はこんな感じになっています。メインの駅舎は郡山方面の人専用、写真左にあった臨時改札が黒磯方面の人専用、という風に分かれていました。


f:id:hinodemaeinspection:20190831171152j:plainf:id:hinodemaeinspection:20190831171157j:plain
駅の電光掲示板です。「須賀川花火号」が並びます。何より英字の"Fire worKs"、なんだこれは……(驚愕)元画像はこちら→日本語 英字


走ったおかげで何とか入場規制の最後に滑り込めました。

f:id:hinodemaeinspection:20190831172751j:plain
跨線橋の入り口。わかりやすいですね。



で、止まっていた列車に乗りました。本宮行なんて珍しいなぁって思い、安積永盛で降りたときに側面LEDを撮影しておきました。

f:id:hinodemaeinspection:20190831172800j:plain
はい。701系の本宮行の側面LED方向幕です。元画像はこちら
f:id:hinodemaeinspection:20190831181514j:plain:w300
車番はクモハ701-1504でした。

後から調べたところ、どうやら本宮行の定期列車は存在しないようですね。臨時にしてもこの須賀川花火21号以外には本宮行がないため、事故が起こらない限りは年に一度しか使われることのないコマということになりそうです。最後の最後までいい物を見せてくれる花火大会ですねぇ(違


f:id:hinodemaeinspection:20190831184045j:plain
安積永盛跨線橋から見えた貨物列車です。花火があるからって貨物はウヤ!wとはいかないわけで、スジ屋も大変だろうなぁ……と思ってみたり。

当ブログはリンクフリーです。