日ノ出前検車区

趣味は朝活で。最近は備忘録と化しています

奥出雲おろち号の模型化用資料

f:id:hinodemaeinspection:20180515182333j:plain
備後落合駅にて

2016年8月28日に乗った際に集めた資料です。模型化する予定で資料を集めましたが、トロッコ車はなかなか難しそうですね。

この日は機関車としてDE15 2558が使用されていました。
編成は、
出雲市宍道・木次[DE15 2558][(2)スハフ12 801][(1)スハフ13 801]備後落合
でした。備後落合へ向かうときは推進運転となります。1号車のスハフ13 801に機関車を操作できる運転台が設置されているため、操作感覚は気動車のようなもの……なのかな?

まずは機関車から。

f:id:hinodemaeinspection:20180515152050j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180515152051j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180515152049j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180515152055j:plain

連結部。客車は2号車のスハフ12 801です。
f:id:hinodemaeinspection:20180515132747j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180515152046j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180515152047j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180515152048j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180515152053j:plain

・スハフ12 801

f:id:hinodemaeinspection:20180515152057j:plain
貫通扉脇の増設っぽい配管が機関車制御用のケーブルかな?
f:id:hinodemaeinspection:20180515152056j:plain
反射板掛けとか床下車端部の機器とか
f:id:hinodemaeinspection:20180515152054j:plain
渡り板の裏側の色が気になるところ。貫通扉のガラスは網入りですね。


もっと写真を撮っているので、アップロードしたら加筆します。はてなの有料会員ではないので1ヵ月に利用できる容量が300MBなのです……(

485系「宴」の妻面・車内の資料

f:id:hinodemaeinspection:20180514085653j:plain
[1]クロ484-3
2018年5月3日に運転された「お座敷成田・佐原号」に乗った際に撮影しました。一部のみですが上げておきます。

f:id:hinodemaeinspection:20180514085630j:plain

f:id:hinodemaeinspection:20180514085739j:plain
[1]クロ484-3



f:id:hinodemaeinspection:20180514085713j:plain

f:id:hinodemaeinspection:20180514085757j:plain
←[2]モロ484-5 [1]クロ484-3→

f:id:hinodemaeinspection:20180514085814j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180514085830j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180514085849j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180514085911j:plain

f:id:hinodemaeinspection:20180514085936j:plain
←[3]モロ485-3 [2]モロ484-5→
f:id:hinodemaeinspection:20180514090006j:plain
[3]モロ485-3

乗ったのは3号車だったので、2号車と3号車の間のフリースペースなども記録しておきました。
2号車の3号車寄りの通路の様子。
f:id:hinodemaeinspection:20180514090024j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20180514090056j:plain
2号車に設置されているこのスペースは、定員に含まれていないフリースペース扱いだそうです。


f:id:hinodemaeinspection:20180514090128j:plain
2号車と3号車の間の連結部。渡り板の上にはカーペットが敷いてあります。この「宴」は1ドア車で、2号車の出入口は1号車寄りに、3号車の出入口は4号車寄りにあります。お座敷なので座席部は土足禁止となっており、その結果として2号車と3号車の間は靴を脱いだ状態で移動する形になります。

f:id:hinodemaeinspection:20180514090146j:plain
こちらは3号車の特徴的な掘りごたつです。屋根を高く取り、床をかさ上げすることで実現しています。なお、パンタグラフが付いている2号車は屋根が高く取れないため掘りごたつとはなっていません。


友人に誘われて乗ったので知らなかったのですが、一般客が指定券を買って乗れる列車として運転されることは少ないんですね。貴重な乗車体験でした。

小田急30000形「EXEα」の屋根資料

需要があるようには思えないのですが一応上げておきます。編成番号が分からないので型のみ書いておきます。


撮影日:2018年4月7日
撮影場所:藤沢本町

f:id:hinodemaeinspection:20180506090102j:plain
[1]クハ30050
f:id:hinodemaeinspection:20180506090103j:plain
←[3]デハ30000 [2]デハ30000→
f:id:hinodemaeinspection:20180506090104j:plain
←[4]デハ30000 [3]デハ30000→
f:id:hinodemaeinspection:20180506090105j:plain
←[5]デハ30000 [4]サハ30050→


ちなみに、2018年5月11日現在、EXEαは2本しかないそうです。そのどちらかでしょう。

小田急1000形(1700形、ワイドドア)の模型化メモ

カメラを構えて資料集めをするうちに気付いたことをメモ程度に記していきます。

・新宿方の先頭車の屋上手すり

小田急の通勤型は、新宿方先頭車(6号車)には妻面側の屋根端手すりがないのが通例だそうです。

これ↓がクハ1752の屋根。手すりは付いていないですね。
f:id:hinodemaeinspection:20180407194805j:plain
1752編成の屋根資料はこちら

3000形のクハ3259にも付いていません。
f:id:hinodemaeinspection:20180506163650j:plain
3259編成の屋根資料はこちら

一方、これ↓がクハ1753の屋根。
f:id:hinodemaeinspection:20180407214741j:plain
手すりが付いています。例外があって面白いですね。
1753編成の屋根資料はこちら

<1551][1501][1601][1651>  <1552][1502][1602][1652>
 ↓
 <1551][1501][1601][1651>[1602][1652>
 ↓
 <1753][1703][1803][1853][1903][1953>

大変に原始的な図のような何かを作ってみました。1753編成の元となった4両編成は共に一次車でした。落成時から6両だった1752編成も一次車なのですが、この差は一体…?


女性専用車/車いす/ベビーカーのステッカー

これ↓が1752編成の1号車、クハ1952。女性専用ステッカーが貼ってあり、車いす/ベビーカーのステッカーはありません。
f:id:hinodemaeinspection:20180407194753j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180407194755j:plain
(元記事:小田急1000形1752Fの屋根資料 - 日ノ出前検車区)
こちら↓は1753編成の1号車、クハ1953。女性専用ステッカーが貼ってありません。車いす/ベビーカーのステッカーはありますね。
f:id:hinodemaeinspection:20180407214723j:plainf:id:hinodemaeinspection:20180407214724j:plain
(元記事:小田急1000形1753Fの屋根資料 - 日ノ出前検車区)
これ↓はクハ1954。こちらも女性専用車ステッカーなし、車いす/ベビーカーのステッカーは貼ってあります。
f:id:hinodemaeinspection:20180407190214j:plain
(元記事:小田急1000形1754Fの屋根資料 - 日ノ出前検車区)

小田急新宿駅へのホームドア設置に伴う運用の変更で、1000ワイドドア女性専用車を設定することがなくなったため撤去されたと言われています。撤去されていない編成に関しては、新しい女性専用車ステッカーへの貼り替えは行われていません。

編成 有無 確認日
1751    
1752 2018/04/07
1753 2018/04/07
1754 2018/04/07
1755 2017/11/04
1756    

とりあえず表を組んでみましたが、特に1755などは情報が古いのでご注意ください。



これからも気付いたことがあれば加筆します。終わりが見えている車両なので資料集めは急がねばならないのです。

・更新履歴

2018/05/08 投稿

当ブログはリンクフリーです。