読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ノ出前検車区

趣味は朝活で。最近は備忘録と化しています

Bトレ東日本編パート7-701系仙台色を全力で組み立てた

JR東日本 KATO Nゲージ化加工 グレードアップ加工 銀河モデル 鉄道コレクション TOMIX グリーンマックス Bトレインショーティー

クモハ701を前に
f:id:hinodemaeinspection:20160416104104j:plain
クハ700を前に
f:id:hinodemaeinspection:20160416104053j:plain

お手軽な順番に紹介しようと思います。
今回はKATOの台車と動力を使用しました。

・尾灯の改良

ピンバイスで穴を開けて赤い部分をなくし、ライトリムも薄くしました。
プリズムは入れていませんが、パッと見の印象がかなり変化します。

•連結面間隔の短縮

詳しくはこちらの記事をご覧ください。


•運転台の機器&正面幌の設置

f:id:hinodemaeinspection:20160423110512j:plain:w350

機器箱は、側面の窓ガラスの厚みを利用し、色を塗っただけです。

車内のミラーも再現してみました。これは適当な針金を輪切りにしたプラ棒に刺したものです。

幌は余りものを付けました。

•優先席ステッカー

銀河モデルのN-504を使いました。

ただし、どのステッカーもそうですが、美しく貼るには気力が必要です。

•ドアステッカー

100円ショップで売っている、家庭でシールが作れる紙に何も印刷せず切って貼っただけですが、かなりの精密感が出ます。

•中間の幌の追加

中間連結面はKATOのE127系の物を使用。少しヤスリで薄くしました。
貫通扉のゴム部分も黒く塗りましたが、ここが凸モールドなのが不思議です。

•トイレタンク&流し管

TOMIXのPZ-105を切り取り、薄くして設置。

取り付けは下の画像のようにしました。
f:id:hinodemaeinspection:20160416104947j:plain:w300
プラ帯で奥行を調整しました。

f:id:hinodemaeinspection:20160416104943j:plain:w300
そのままだと接着面積が狭いので、針金とピンバイスでダボ継ぎクリックしてGoogle検索をしています。

•床下機器

余っていたグリーンマックスのキットの機器を切ったり削ったりしました。

今回はアクセントとして、先ほどの銀河モデルのN-504に収録されている警告ステッカーを貼ってあります。

一番効く改造ですが、だいたい塗装が必要になるのでハードルが高いかも。
垂直や平行にも気を遣います。

銀河モデルのBトレ専用の床下機器という逃げ道もありますが…



•交流機器の立体化

f:id:hinodemaeinspection:20160416104930j:plain:w400
これはやらなくていいです。ハイ。
ちなみに、実物の701系1000番台にシリコングリスは塗られていないのでこの色は間違いです。

•車輛ケースの台紙

f:id:hinodemaeinspection:20160416104026j:plain:w400
KATOの長い1両用ケースです。
画像データを上げました。皆様もどうぞ。


•こちらもあわせてどうぞ

当ブログはリンクフリーです。