読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ノ出前検車区

趣味は朝活で。最近は備忘録と化しています

【超低予算】Nゲージ化したBトレの連結面間隔を短縮する

f:id:hinodemaeinspection:20160416103924j:plain
KATOのN化パーツを使用した場合の方法です。

・用意するもの

f:id:hinodemaeinspection:20160415054747j:plain:w300
これ、捨ててしまった方も多いかもしれません。
鉄道コレクションに付いてくるカプラーです。

これ以外は必要ありません。

•改造する

f:id:hinodemaeinspection:20160416070425j:plain
両方の台車からカプラーとバネを外し、片方に鉄コレのカプラーを挿して終わり。もう片方には何も付けません。

・連結方法

f:id:hinodemaeinspection:20160416070438j:plain
台車を車体に取り付けた後で、上の画像を参考に引っ掛けます。

•効果

Before
f:id:hinodemaeinspection:20160416201934j:plain:w400
After
f:id:hinodemaeinspection:20160416103924j:plain:w400
連結面の間隔がかなり変わります。
カプラーが根元で首を振ってくれるので、カーブ半径が小さくても大丈夫です。

・補足

走行が安定しない場合は、車輌にオモリを積むと解決する可能性があります。




でもこれ、鉄コレを持っていない方はかえって高くつくかも…?

・こちらもあわせてどうぞ

当ブログはリンクフリーです。