読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日ノ出前検車区

趣味は朝活で。最近は備忘録と化しています

一畑電車3000系3006編成の実車資料

旅行先で撮ってきた写真です。モデリングなどの資料としてどうぞ。
順番は並べ替えていません。
元は南海電気鉄道の21013編成だったそうです。

f:id:hinodemaeinspection:20160918133949j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133953j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133952j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133951j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133950j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133954j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133955j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133956j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133957j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133958j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918133959j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134000j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134001j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134002j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134003j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134004j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134005j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134006j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134007j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134424j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134426j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134425j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134428j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134427j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134430j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134429j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134432j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134433j:plainf:id:hinodemaeinspection:20160918134434j:plain

【青春18で】国鉄倉吉線の廃線跡を歩く【寄り道】(2016年8月)

廃線跡に夏に行った体験記です。

倉吉線のレールが残されたままになっているのは末端近くの部分なので、倉吉駅からバスに乗りました。

利用したのは日本交通の関金線で、一時間に一本程度は出ています。

倉吉駅から松河原上まで乗車。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091929j:plain:w300
f:id:hinodemaeinspection:20160916091930j:plain:w300
バスを降りて少し歩き、道路が突然に途切れる場所へと行きます。
看板の裏に、レールが残っています。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091615j:plain:w400
振り返って見ると、この道路が線路の跡であることがはっきりと分かります。

当たり前ですが、夏なので植物が生い茂っています。
でも突撃。同じことを考えた人がいたらしく、獣道ができていました。

雨が止んだ直後だったからか、築堤の上にはカエルがたくさんいました。
2歩歩くと3匹出てくるような密度でしたが、野生動物なだけあって逃げ足は速いので心配ありません。
f:id:hinodemaeinspection:20160904093438j:plain
しばらく歩くと、線路が道に分断されます。ここから先の線路は、背丈の高い草に覆われていたので、線路沿いの道を歩くことに。
f:id:hinodemaeinspection:20160904093547j:plain

f:id:hinodemaeinspection:20160904093529j:plain:w500
ところが、しばらくすると築堤が突然に終わりました。断面には階段があって、上ってみると線路がありました。


先ほどの道路を歩き、坂を登ると…
f:id:hinodemaeinspection:20160904093632j:plain:w500
レールが埋め込まれたアスファルト舗装の道路が登場。

f:id:hinodemaeinspection:20160916095928j:plain
しかしそれもすぐに終わり、再び草に埋もれます。
f:id:hinodemaeinspection:20160904093619j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20160904093734j:plain
時折顔を出すレールを左手に眺めつつ、農道のような道を歩いていると…

f:id:hinodemaeinspection:20160904093704j:plain
線路の先にはガードレールが。

f:id:hinodemaeinspection:20160904093716j:plain
ここには橋が架かっていたようで、橋台が残されていました。

しかし、右側には道路があるので、簡単に橋の反対側へ行くことができます。

橋を渡ってすぐの所に泰久寺駅のホームがあります。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091933j:plain:w500
非常に短いホーム。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091938j:plain:w400
駅名標が立ててありますが、これはレプリカだとのこと。

ちなみに今回は、雨が降った直後だったので草にも水滴がたくさん。靴はすぐに濡れてしまいました。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091931j:plain:w400
泰久寺駅構内の線路には、どこからやって来たのか、カニがいました。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091932j:plain
後ろを振り返ると、こちら側にもガードレールが。安全の確保は行われているようです。


ここから先は、線路沿いの道路がありません。少々日当たりが悪いためか、背丈の高い草はありませんでしたが…
トゲのある植物が生えていました。

f:id:hinodemaeinspection:20160904093811j:plain
足首に軽い切り傷を作りつつその区間を抜けると、線路は森の中へ入って行き、背丈の低い草ばかりになります。これで一安心。


少し歩くと、最も有名なスポットが現れます。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091936j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20160916094310j:plain2本のレールの間から竹が生えている光景。
f:id:hinodemaeinspection:20160916094345j:plainその手前の、倒れて線路を塞いでいる竹。

二度と列車は来ないことを強く印象づけます。


枕木もレールもしっかりと残っていますが、表面のヌメリは確実に腐食が進んでいる証拠。歩くときにも注意が必要です。

しばらく竹林が続きます。


f:id:hinodemaeinspection:20160904093919j:plain
開けた場所にくると、そこは川を越える橋の上。
f:id:hinodemaeinspection:20160916091939j:plain:w400
特に注意書きや看板等はなく、転落防止のためか、橋の端に「鳥取県」と書かれた棒とロープが設置してあるところを見ると、行政の側も廃線跡への立ち入りを容認しているようです。


f:id:hinodemaeinspection:20160904093954j:plain
さらに歩くと、 線路は左カーブを描きます。
f:id:hinodemaeinspection:20160904094033j:plain:w300
そして、その先にはトタン板で塞がれたトンネルが。
f:id:hinodemaeinspection:20160916095851j:plain:w300
線路はその手前で終わっています。
f:id:hinodemaeinspection:20160916095943j:plain
トンネルの端に付いている銘板はなくなっていました。
f:id:hinodemaeinspection:20160916095904j:plain:w300
中からは水が滴る音が聞こえてきます。

このトンネル、崩落の危険性があるとのことで閉鎖されているそう。
泰久寺駅の一つ隣で倉吉線の終端、山守駅はこのトンネルを抜けた先にあります。

f:id:hinodemaeinspection:20160916091937j:plain:w500
ちなみにこの場所、携帯の電波は届きます。少し弱いものの、LTEでつながります。


f:id:hinodemaeinspection:20160904094142j:plain:w300
帰りはバス停「泰久寺」から乗車。滞在時間は1時間30分程度。本当はもう少しゆっくりしたかったのですが、後ろが詰まっていたのと、虫が多かったために早々と退散してしまいました。

寒くなって、草と虫がいなくなってから再訪したいです。

f:id:hinodemaeinspection:20160904094155j:plain:w500


・補足①
泰久寺~山守間のトンネルですが、廃線跡を歩くツアーに申し込むと特別に入れてもらえるそうです。詳しくはこちらから。

・補足②

鳥取県&島根県内のバス時刻表の確認やルート探索には、鳥取大学を含む産学官連携プロジェクトによって運営されている乗り換え案内サイト「バスネット」が便利です。プリペイドカードではありません。

今回利用した「松河原上」は、検索しても有用な情報が出てこないようなバス停だったので、このサービスは非常に有り難かったです。
営団体の性格上、乗換案内サイトには付き物の広告が一切ないため、快適に検索できます。

鳥取駅前のネットカフェ「ドロシー」に宿泊【青春18きっぷの旅】

f:id:hinodemaeinspection:20160904093231j:plain
宿代を安く上げる王道の手段。

鳥取駅からは徒歩10分程度です。ネカフェ泊18きっぱーあるあるの一つに「駅からクソ遠いバイパスまで歩かされる」がありますが、この店ならばそんな心配もありません。

今回は、ツインフラット席を利用。
シングルフラット席も1つあるのですが、残念ながら(?)使用中でした。

入るときに、「おひとり様の場合ブースの移動をお願いする可能性がある」と言われましたが、実際にそうする可能性は低いとのこと。


f:id:hinodemaeinspection:20160916070259j:plain:w400ブースはこんな感じ。
ブースの上に照明はないので、寝る際に明るすぎることはありません。
床はタイルカーペット敷きで、柔らかい座椅子が2つ置いてあります。うまく使えば快適に眠れます。

ちなみにシングルフラット席では、床の全面がクッションになっているそうです。


・PC
いたって普通の据え置き型PCでした。
f:id:hinodemaeinspection:20160916082726j:plain:w300
この注意書きを見るに、コミックバスターからの払い下げ品でしょうか…(^^;)
f:id:hinodemaeinspection:20160916082751j:plain:w300
起動してみると、なんとWindows xpでした。
InternetExplorerを使おうとしたのですが、バージョンが古く、はてなブログののサイドバーが表示できなかったためにブログ編集ができませんでした。

ちょっとどうなのかな…


Wi-Fi
フロントへ行くとパスワードを教えてもらえます。もちろん無料で使い放題。


・タバコの臭い

分煙されています。禁煙エリアで臭いと感じることはありませんでした。
ただし、ドリンクバー、トイレ、シャワールームなどは喫煙できる区画にあるので、行くたびに臭いのはちょっと…


・ドリンクバー&ソフトクリーム
f:id:hinodemaeinspection:20160916082321j:plain:w400
ネカフェの定番ですね。
f:id:hinodemaeinspection:20160916070400j:plain:w300
ソフトクリームの味は片方が巨峰と、なかなかマニアック(^^ )

f:id:hinodemaeinspection:20160916082243j:plain:w200ポップコーンもありました。


・食事
最初から12時間パックで入店すると、なんとフードメニューが¥1000割引になります。しかしこのことは、公式サイトには一切書かれていません。

f:id:hinodemaeinspection:20160915202611j:plain:w400
今回はトルコライスを注文。なんでこんな写真になっているんだろ
f:id:hinodemaeinspection:20160916070221j:plain:w400
実際に届いたのはこちら。朝食には少し多いかな、というぐらいボリューム満点でした。割引を使い、これで¥274は破格です。


・シャワー&ランドリー
一般的なネットカフェにはないことも多いですが、ここにはあります。
なんと無料で使い放題、しかもシャンプーとボディーソープは備え付けです。タオルその他諸々は有料レンタルサービスがあります。

また、ランドリーもありました。
こちらは利用しなかったのですが、料金の表示がなかったので、おそらく無料でしょう。

いずれも入店時に受け取った伝票をカウンターに預けることで利用できます。

f:id:hinodemaeinspection:20160904093207j:plain:w200
店舗の壁には大きく書いてあるのですが、公式サイトには何も書いていません。ネットでも宣伝すればいいものを…


・コンセント

f:id:hinodemaeinspection:20160828234723j:plain:w200
18きっぱーの生命線ともいえますね。
PCデスクの手前側に2つ。
何かと充電したいものは多いので、2つあるのは非常にありがたいです。



いかがでしょうか。シャワーやランドリーなど旅行者には欠かせない設備が揃っているネカフェです。食事が¥1000引になる12時間パックは¥2480でした。実質、風呂・食事・飲料すべて込みでこの価格なのでかなりお得ではないでしょうか。鳥取駅からの距離も含めて、18きっぷの旅の宿としておすすめです。
f:id:hinodemaeinspection:20160916085744j:plain:w500

JR三江線/浜原駅の様子(2016年8月)

廃線になる前に三江線に乗っておこうというワケで行ってきました。

一駅だけ江津寄りの、粕淵駅の方が栄えているようで周辺には中学校やゲストハウスもあるのですが、三次からの最終列車は浜原止まりなのです。

・外観
f:id:hinodemaeinspection:20160915174302j:plain
いたって普通の田舎の駅です。
f:id:hinodemaeinspection:20160915174301j:plain:w300
外にはバス停があります。


・周辺の様子
f:id:hinodemaeinspection:20160915174304j:plain:w400f:id:hinodemaeinspection:20160915174303j:plain:w400
民家があります。


・待合室
この駅には待合室が2つあります。三次方面のホームには小さなもの、江津方面のホームには大きなものです。

・小さい待合室
長いL字のベンチがあります。
f:id:hinodemaeinspection:20160915180433j:plain:w400
室内灯は蛍光灯。季節柄、夜は羽虫が大量に寄っていて中に入る気にはなれませんでした。なお、扉を閉めることは可能です。

・大きい待合室
f:id:hinodemaeinspection:20160915174306j:plain:w500

この建物の大部分は「浜原地域おこし協力隊」の事務所となっています。普段は閉まっているのかな…?
f:id:hinodemaeinspection:20160915180610j:plain:w300

f:id:hinodemaeinspection:20160915190548j:plain:w400
待合室にはノートが置いてあります。記述を見る限り、私の同類も多数利用していた模様。

f:id:hinodemaeinspection:20160915174300j:plain:w500
設備としては、プラスチック製の分割されたタイプの椅子があります。これはいかん、のですがその後ろのベンチらしきものの上ならばいけました。

室内灯は本物の電球。電気は23:00に自動で消えて、5:00に自動でつきます。こちらの待合室も扉を閉めることが可能。光源の違いか、こちらの待合室には羽虫がさほど寄ってきませんでした。


f:id:hinodemaeinspection:20160915185506j:plain:w300地域おこし協力隊が設置している本。

f:id:hinodemaeinspection:20160915185539j:plain:w300
自家用車の回送サービスもあるみたいです。


・トイレ
きちんと備わっています。
f:id:hinodemaeinspection:20160915180044j:plain:w500



・携帯の電波
LTEが届きました。問題なく使えます。


・朝の様子
寝坊はあらゆる場面において最悪ですが、この駅ならばその心配もないでしょう。現行のダイヤでは三次行きが6:00に発車しますが、その前に始業点検が行われるため列車のエンジンは5:35ぐらいからかかっています。点検作業にエンジンの空ぶかしが含まれているらしく、まあうるさいこと…(゜゜;)




f:id:hinodemaeinspection:20160915180635j:plain:w300
翌朝になって気付きましたが、駅名標の下にはスイッチが。
f:id:hinodemaeinspection:20160915180503j:plain:w200これ、電気は自分で消せたんじゃ…?


f:id:hinodemaeinspection:20160915190610j:plain:w300
全線開通から40年で廃線が決定した三江線

廃線は残念ですが、機会を見つけて乗れる限り乗っておきたいものです。
f:id:hinodemaeinspection:20160915185641j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20160915174305j:plain
f:id:hinodemaeinspection:20160915174307j:plain

当ブログはリンクフリーです。